絶望から希望へ!大腿骨頭壊死症改善療法を確立した療法院です。

母を思いやる

日本で働いている中国の方からのお問い合わせです。

 

中国にお住いの58歳のお母様の病状を大変心配されています。

 

問い合わせ内容

    手術しかないのか?それとも代替療法が有るのか?

    手術の場合、人工関節の耐用年数は何年か?

    手術の費用はどのくらいか?

 

それぞれに、私の知る限りのお答えをさせていただきましたが、専門外のことなので今回の投稿には掲載いたしません。

 

詳しくお聞きしましたら、軟骨の軟骨は半分程度有るということでした。

そのことは、大きな希望になります。

 

以下mailの応答です。

 

中国の方のmail

先程、お電話いただき、ありがとうございます。

これから、私はレントゲン写真を送ってもらうように

お母さんに連絡しますが、日本に届くのは多少時間がかかると思います。

入手次第、お送りさせて頂きたいと思います。

と同時に、お母さんの感じる痛みを和らげあげたいです。

お手数お掛け致しますが、何卒、よろしくお願い致します。

 

 

私から中国の方への返信mail

先ほどは、電話でお話が出来て、お母様のことがかなりわかりました。ありがとうございます。

 

お伺い

お母さまの、ご病気は大腿骨頭壊死症以外に何がありましたか?

過去にステロイドを使ったことがありますか?

 

大腿骨頭壊死症は必ず発症する原因があります。

原因として考えるもの。

ステロイド

アルコール多飲

肝臓疾患

たばこ

脂肪代謝異常

 

 

大多数の方は、以上のどれかに当てはまります。

原因のどれを取りましても、血管障害を全身に起こします。

特に強い血管障害が膝側骨頭に起きて骨壊死を起こしたわけですが、全身に血管障害があるということは認識してください。

 

骨頭壊死の症状経過=血管障害の発生骨壊死の発生壊死骨の破壊壊死組織の吸収変形性関節症への移行と推移してまいります。

 

 

私の改善方法は上記の経過に対応したものです。

 

栄養的な改善方法

 血管障害の改善。

 痛みの抑制。

 骨再生と軟骨再生。

 

 

物理的な改善方法

磁気治療:交流磁気は、厚生労働省の大腿骨頭壊死症研究班の出版書籍でも以下の効果が記載されています。書籍名:金芳堂「特発性大腿骨頭壊死症」

 血管拡張

 骨新生

 血管新生

 コラーゲン合成促進

 

従来は、骨頭壊死症は難病として回復困難な病気と認識されていました。

私は、大腿骨頭壊死症の壊死骨と正常骨の境界に必ず再生領域が発生するという現象から、人間は壊死症で有っても再生するという意志が体に備わっていると考えます。

私たちは、再生の意志を持つ体の意志を何らかの方法で助けてやればよいと思います。ロケットの打ち上げにブースターを使うようなものです。

後は体自身の高度な制御で回復が軌道に乗ると考えています。

 ブースターに相当するものが

栄養的な改善療法と物理的な改善法(磁気療法)というわけです。

 以上お伝えいたします。

 

健康ライフやすらぎ 工藤 毅