絶望から希望へ!大腿骨頭壊死症改善療法を確立した療法院です。

改善実績 赤沢 修一様

仕事に復帰できて喜びの赤沢 修一様 57歳の事例

インタビユー 平成24年1月11日

 

症状 片側性大腿骨頭壊死症


■ いつから、どのような状態でしたか?
私は、建設会社で長い間現場監督として過ごしてきました。

はっきり股関節の痛みを意識したのは、平成23年の8月中旬です、以前から時々チクッと痛いことはありましたが、すぐ良くなりましたのであまり気にしていませんでした。

ところが今回は、段々痛みがひどくなりまして寝返りも打てないほどの痛みとなり、私の住む地域の大学病院で受診しました。

 

■ 検査の結果は・
大腿骨頭壊死症の疑いがあるとのことで、MRIの撮影をして、右側の股関節の骨頭壊死であることがわかりました。医師は、症状が進行しているので手術しかなく、しかも大手術になると告げられました。
私は、ステロイドを使うような病気はしていませんでしたので、とてもショックを受けた、インターネットの病名検索で大腿骨頭壊死症を調べたところ、人工関節を置換手術しても10年か15年後には、人工関節を再度入れ替えるようになると書き込まれていました。
私は、あと3年で定年を迎えることやその後のことも考えて、手術をするにしても一生涯に一度だけにしたいと決めました。

 

■ 当院はどうやってお知りになりましたか?
病院では、手術の話しかしてくれませんのでいやな気持ちでした。
私は、手術をしなくても痛みが取れて、何とか手術なしで行けるだけ行きたいと思い、インターネットを調べて、健康ライフやすらぎを見つけました。
私の住まいからも比較的近いので電話で相談をした結果、通ってみることにしました。


■ 初来院のときはどんな感じでしたか?
先生は、よく話を聞いてくれました。
今でも不安がありますが、その当時は今よりはるかに強い不安を感じていましたので、話をさせてもらって少し不安が軽くなり、ありがたかったです。
先生から、今後行うことの説明を受けて20回の施術契約をすることにしました。

 

■ 初めて施術を受けられたときはどんな感じでしたか?
一言でいえばよくわかりませんでした。
無痛ゆらし療法を受けている間は刺激がほとんどなく、こんなことで筋肉や骨に効くのかな?と不安を感じたのは事実です。
磁気療法のせいか、何の刺激もないのに体がだんだん暖かくなりました。

 

■ 施術後はどうでしたか?
終わった後に体が楽になって不思議な感じでした。

 

■ どのようなペースで通われましたか?
今は、会社の仕事を家でしていますから自由に来ることができましたので、15回までは週2回のペースで通い、今は1週間に1回のペースです。

 

■ 現在の状況を教えてください
今は、時々会社に出勤して仕事をしています。どうしても体を使うので筋肉が痛くなりますが、前のように関節の痛みは出ません。
レントゲンで見ていないので、骨頭がつぶれる心配はあるのですが、確実に改善したと判断しています。

 

■ 繰り返し施術を受けた今の率直な感想をお聞かせ下さい。
先生は、繰り返しレントゲンかMRIで今の状態を確認するように言ってくれますのでそうしようと思います。
特別な病気ですが、最初に比較すればずいぶん改善したのは事実ですし、何よりここに来た後しばらくは体が楽になります。20回が終わっても症状を見ていかなければなりませんので、ここに来る間隔をあけてこの先も見てもらいたいと思っています。


インタビユー有難うございます。