絶望から希望へ!大腿骨頭壊死症改善療法を確立した療法院です。

改善実績 石川 奈緒美様

仕事を辞めずに済んで喜びの石川 奈緒美様

石川 奈緒美様 44歳

 

インタビユー 平成24年1月19日

 

■ いつから、どのような状態でしたか?

 

私は、病院の医療秘書の仕事と、それとは別に事務仕事をしています。平成22年の11月ごろでしたが、病院の仕事の時、股関節がピリッと痛くなりその時が初めての痛みでした。次の平成23年の夏でしたが股関節が強く痛みだしたので大学病院で診てもらいました。

 

 ■ 病院などに行かれましたか?

 

私は、以前より大学病院で血管の治療を受けていましたので、同じ大学病院で診てもらいました。
前の病気治療にステロイドを点滴で使いましたし、今も少ないのですがステロイドを飲んでいます。

 

■ 検査の結果は?

 

23年の9月に診てもらったのですが、MRIの結果は大腿骨頭壊死症でした。特に右側の範囲がひどく手術を考えたほうが良いといわれました。
仕事をしないわけにはいかないし、だけど病院の立ち仕事はつらいので、年内にそこはやめて事務仕事だけにしぼるしかないのかな、と思っていました。

 

 ■ 当院はどうやってお知りになりましたか?

 

手術をして仕事を休むわけにもいかないので、仕事をしながら大腿骨頭壊死症を見てくれるところをインターネットで探しました。骨頭壊死症で検索してここが見つかったわけです。
意外と近くにあったのでどんなところか一度様子を見てみようと思いました。

 

■ 初来院の時はどんな感じでしたか?

 

しっかりと時間をかけて私の話を聞いてくれたことがうれしかったです。
病院の仕事をやめる話をしましたら、「何回か施術したら、仕事を続けられるかどうかはわかるので年末までに結論を出したらどうですか。」と言ってくれて少し安心しました。
無痛ゆらし療法と交流磁気療法のことも説明を受けて、痛みと壊死がどうなるかもよくわかりました。

 

■ 初めて施術を受けられたときはどんな感じでしたか?

 

とてもゆったりした優しい感じが伝わってきて安心したせいか、昨夜よく寝れていない為か、ついうとうとしてしまいました。

 

■ 施術後はどうでしたか?

 

痛みは軽くなりましたが、立ちあがった時に右足の付け根が痛いので、先生にそういったら軽く触ってくれて痛みが無くなりました。不思議ですね。

 

■ どのようなペースで通われましたか?

 

最初は詰めてきて、痛みを改善する必要があるといわれましたので、仕事が終わってから週に2回見てもらいました。

仕事場が京都なので、夜の時間帯になってしまい、先生にはご迷惑をおかけしました。

 

■ 現在の状況を教えてください。
 
派遣の仕事のうち病院の医療秘書の仕事は結局、派遣契約を更新して今も働いています。あれから痛みも治まってきて仕事に差し支えない状態ですが、軽い痛みはあります。

 

■ 施術に来られた率直な感想をお聞かせ下さい。

 

大学生と、高校生の子供がいますので、働かないわけにはいきません。手術をすることも考えましたが、そうすると何カ月も仕事ができませんので、仕事を休まずに済んだことは本当に助かりました。これからも先生にしばらく見てもらおうと思っています。

 

25年6月1日(土)の追加インタビユー

この5月28日に、定期的に診察を受けている京都市内の大学病院の整形外科で見てもらいました。診察してくれたのは医学部講師の先生でして、今回はMRIの診断でした。結果は右側の壊死部にハガレがあるとのことでした。いつも痛むのは右でしたので痛いはずだと思いました。それよりもびっくりしたのは、「両側共、股関節の骨頭の再生が進んでいるよ!」と言われたことでした。講師の先生は、再生していくのなら、骨折のない左骨頭に薬剤を注入して再生を促す臨床試験をしてみないかと私の希望を聞いてくれましたので、私は6月4日から入院して臨床試験を受けます。痛い右側は工藤先生が見てくれているので、今までなんとかしてくれたし、これからもきっとよくしてくれると信じています。工藤先生のところがなければ、私は今まで働いてこれなかったと思うと、感謝しかありません。ありがとうございます。

 

 

 


インタビユー有難うございました。