絶望から希望へ!大腿骨頭壊死症改善療法を確立した療法院です。

磁気療法

交流磁気ベッド内部です。
交流磁気ベッド内部です。

交流磁気は骨組織を通り抜け、骨組織内の血管を広げて血液の流れを良くする働きが確認されています。

体に磁気をかける血流が磁界を横切り、微電流が発生します。それと同時に血管を広げる力と熱を発生させて治療部位の血液の流れを良くしていきますので、痛みの原因となる物質を洗い流して、栄養と酸素を壊死部と正常組織の境に送り届けます。その境では、骨芽細胞、軟骨芽細胞、破骨細胞、線維芽細胞などが壊死部の再生を開始していますので、豊富な栄養と酸素は、それらの細胞の働きを活発することになります。「整体院 健康ライフやすらぎ」で、改善率が79%である理由の一つは、磁気を集中して使うためです。

 

 

交流磁気を療法として使う場合の期待効果

 

①細胞性免疫活動の活性化

②細胞増殖

③骨新生

④血管新生

⑤血管拡張

⑥コラーゲン合成

 

金芳堂 特発性大腿骨頭壊死症 165ページより

 

  交流磁気療法単独の効果---お客様の声

 

このお客様は、四国在住の男性で磁気療法をお勧めした方です。

 

 

2011/10/12受信メール

 

お世話になります。先日先生にご紹介いただいた交流磁気治療器を1ヶ月弱試用してみて、大腿骨の調子はいいみたいです。
大腿骨頭壊死になってから、家事などは全然できませんでしたが、この1週間は非常に調子がよく、掃除に洗濯、料理を久しぶりにできるようになりました。
片足に体重をのせるのが怖かったのですが、いまは全然平気です。
歩き方も普通になったとまわりからもいわれます。
可動域を試すような動かし方をすると、やはり痛みますが、日常生活ではほとんど困りません。
交流磁気治療器を購入して気長に治療を続けてみようと思います。
思い切ってメールで相談してみて良かったです。
 
本当にありがとうございました。